トイレはいつ詰まるかわからない!ラバーカップは買って損なし!

思わぬ時にトイレが詰まる悲劇

年に1回、いや数年に1回かもしれません。思わぬ時にトイレが詰まるんです。たまたま大の直径が太かったのかもしれません。たまたまトイレットペーパーがと引っかかったのかもしれません。今までなんの問題もなく使ってたトイレがある日突然詰まるんです。

トイレが詰まった時は・・

トイレが詰まったら、だいたい「何回か水を流す」「トイレットペーパーが溶けるのを祈ってしばらく放置」をやるかと思います。で、結局つまりが解消しないので、クラシアン的な水道業者を呼んだりするわけですが、最低8,000円かかるようです。まぁ最低料金で済むこともあまりないのですが。
また賃貸物件だったら管理会社に連絡する方がいいです。管理会社の下請け業者が来て直してくれるので、費用も良心的です。
しかし、汚水でみたされた便器を見られるのも苦痛ですし、できたら自分で解決したいですよね。そんな時に活躍してくれる頼もしい相棒がラバーカップなのです。
年に何回かトイレつまりで出動することもあったのですが、ラバーカップでカポカポやるだけでつまりが解消することがほとんどでした。便器に突っ込んでカポカポと数回押してやれば圧力で詰まりは解消します。

ラバーカップは掛け捨て保険のようなもの

女性がトイレを詰まらせてしまうとほんと悲惨です。
部屋に伺うと恥ずかしそうに、すいませんホント汚いですスイマセンと言われ、すぐに直しますので部屋で待っててくださいと声をかけ、茶色の汚水で満たされた便器と格闘するなんてことも年に数回あったりなかったり。
これで8000円ぐらいの費用と私のようなおっさんに汚いトイレを見られるという精神的苦痛を考えると、ラバーカップを準備しておくだけでどれだけの負担が軽減されるか。
住んでる時に1度も使わないこともあるでしょう。しかし、詰まってしまった時のあの気持ち、業者を呼んだ時の費用、それを考えるとずっとトイレの片隅に置いておくだけでも万が一の時にすぐ対処できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA