結露の放置は入居者過失。換気をしっかりして結露対策を。

玄関の結露でカビが生えたクロス

結露の放置は入居者過失。換気、拭き取りはこまめに

特に冬場ですが、玄関まわりや窓の周りに結露が発生することがよくあります。基本的に結露が発生した場合には、入居者は拭き取りや換気をきちんと行う義務があります。逆に結露が発生していても、そのまま放置してクロスが傷んだり、カビが発生したりすると善管注意義務違反で退去時にクロス張替等の費用が請求されるのできちんとした対応が必要になります。

結露を防ぐために気をつけること

結露は外の冷たい温度が内側の壁に伝わって、冷えてしまう事から発生してしまいます。しかし、同じ物件でも結露がひどい部屋とほとんどない部屋と住み方によってかなり差があるのも事実、最低限気をつけることがいくつかあります。

最強の結露対策は換気

結露を防ぐためには、1に換気、2に換気です。寒いからと24時間換気を止めたりしては行けません。また家にいるときは、1日に一度でいいので数分間でも空気の入替えを行いましょう。外の乾いた空気を入れることによって結露の元となる空気中の水蒸気を減らすことができます。どうしても寒いのは苦手という人は、外出するときに換気扇を動かしておけばいいでしょう。

換気扇を上手に使う

料理中は換気扇を回す。お風呂・シャワー後もしばらく換気扇は動かす。という習慣をつけて、とにかく水蒸気を室内に溜めないように気をつけることが必要です。24時間換気が付いているマンションで、寒いからと冬場に換気を止めてしまう人がいますが、それも結露の原因になります。せめて外出中は動かして室内の空気を循環させましょう。

石油ファンヒーターは絶対ダメ

賃貸物件だと石油ファンヒーターの使用が禁止されていることが多いですが、つかうと結露が発生しやすくなるのが原因です。石油ファンヒーターだけでなく、室内で燃焼するものを使うと水蒸気が発生して結露の原因になります。

以前、室内の結露がひどいという連絡で確認しにいったら、使用禁止にもかかわらず石油ファンヒーターを使ってたということがありました。その部屋はクロスのカビはもちろん、窓からの結露でフローリングまでカビが発生していたため、退去時の修繕費用が高額になってしまったようです。

それでも結露がひどい時には管理会社へ連絡を

中には本当に建物が原因でいくら頑張っても結露がひどい場合もあります。断熱がうまくいってないと、外の冷たい気温が内側の壁に伝わり、冷たくなってしまった壁に結露が発生してしまいます。ちょっと古めの建物なんかは玄関ドアなんかにびっしりと結露が発生することもしばしば。しかし、建物が悪いからといって、それを放置するのは退去時トラブルの元。換気とふき取りはサボってはいけません。

そういう時は管理会社に連絡することが大事。1日数回換気をしているし、除湿剤や除湿機を稼働させたり、入居者の努力しても結露が止まらないという状況を管理会社に見に来てもらうことが必要です。

退去する時までひどい状態のまま放置して、退去するときに「いろいろ対策したけどダメだった。」と言われてもどうすることもできません。退去前に確認してもらったという事実があれば、請求することもなくなります。

退去時に結露によるカビが発生していたら

玄関まわりの結露を放置して玄関壁のクロスにカビが発生していたら、原状回復工事では入居者過失によりクロスの張り替えで見積もりを作成します。不動産屋によっては契約書に結露によるクロスの貼替えは入居者負担と明記しているものもあります。

退去時まで被害をほおっておいて、結露がひどいと言われても、お客さんの使い方が良くなかったんですねぇとしか言えません。ましてや契約書に結露は入居者過失と明記されていたらどうしようもありません。住んでいる人によって、「十分換気している」という基準はバラバラです。同じ物件で結露もなく綺麗に住んでいる人もいるのですから、たまーにしか換気していないのにちゃんと換気していたと言われても判断の仕様がないのです。そして不幸にも揉めてしまう原因を作ることになるのです。

それを避けるために大事なのは、管理会社さんに確認してもらってるという事実。私が立会に行って、管理会社の人に報告済で確認してもらってると言われればそれ以上追求することはほとんどないでしょう。

トイレ壁の結露を放置したためカビだらけに

とある賃貸マンションのトイレ。
こんなになるまでほおっておいて退去するときに建物が悪いと言われても、オーナーさんも快くお金を出してくれません。おかしいとおもったら早めの対策と連絡を。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA